☆ ひとりごと ☆

アクセスカウンタ

zoom RSS 「獣の奏者」読みました♪

<<   作成日時 : 2006/12/16 23:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

守人シリーズの上橋菜穂子さんの本です。

現実とは異なる世界が舞台のファンタジーなのですが、話の流れにファンタジーにありがちな無理が無く(強いて言えば主人公が優秀すぎるかな?)、守人シリーズもそうですが、人々の温かみ、酷い仕打ち、大自然の恩恵、そして容赦の無い厳しさがすごく表されていて、好感が持てました。

獣ノ医師の娘、エリンがたどる過酷な運命。健気に自分に道を切り開いていきますが、その結果、国々の運命に深く関わっていってしまいます。


獣の奏者 I 闘蛇編
獣の奏者 II 王獣編
獣の奏者 I 闘蛇編

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
よし、次は守人シリーズに行きます!

実は彩香さんの読書録を参考にしていろいろ相当読破してるんですが、自分のブログに読書録を書くのは意識して控えているのです。
でもでも、一つ彩香さんにご報告! 『風神秘抄』、ものすごく面白いですね!! 勾玉三部作も読んだのですが、もう一度読みたいと思ったのは風神秘抄だけです。あれをラジオドラマ化したと、彩香さんのブログにありましたが、どうでしたか? どんな物語も、音にしちゃうと世界が急速に小さくなってしまうといつも思うのは私だけかなあ。

何はともあれ、今年も終わりですね。来年もよろしくお願いします♪
よいお年を!
たかみ
2006/12/31 19:43
明けましておめでとうございます。
風神秘抄、キャラもテンポも良いですよね。
ラジオドラマ、心配しつつ聞きましたが、そんながっかりするようなことは無かったです。声優さんもイメージに合っていて。やはり笛の音など、現実に聞こえてしまうと、想像も付かないような美しい音色だと思いながら文章を読むのとは違ってしまいますが。世界が小さくなってしまうって言うのは、確かですよね。
そのうち再放送があると思うので、あまり期待しないで(これが大事!)聴くと楽しめると思いますよ♪ でも、平日の午後10時45分に毎日ラジオを聴くのって結構つらいんです。連ドラと重なったり、単に忘れたりで。

こちらこそ、今年もよろしくお願いします!
彩香
2007/01/02 01:07

コメントする help

ニックネーム
本 文
「獣の奏者」読みました♪ ☆ ひとりごと ☆/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる